FC2ブログ
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.09/30(Sat)

そのすきまにあるなにか・2・ 

 日曜日――
 あいつとの待ち合わせの約束。
 起きぬけの朝。陽の光はまだ夏の余韻を残しているけれど、空気はすっかり秋の気配。

 今日はどこへ行くかなあ? いちお、秋冬ものの服とかみてみたいんだけど~? でもあいつ、はずかしがるだろうな、もしかしたら嫌がるかもしれない――。

 そだ、先週オープンした新しいカフェはどうかな~。
 ポットにコーヒーをつめてもらって、サンドイッチをテイクアウトして川原でピクニックとか。

 もちろんあまりのんびりしている時間はなく、あわてて熱いシャワーを浴びる。
 休日の朝はいつも、熱めのシャワー。寝ぼけた頭もすっきりして、だんだんとお出かけのための顔になってくる。平日よりもメイクは控えめに、でもチークだけは濃いめに入れてみる。週末の、このところの定番は「ANNA SUI」のEDT。

 ――はやくでなくてゎ~

 早くあいつの顔を見たい、声を聞きたい――それでもあまり急いできた風に見られるのがいやで、カヨコはいつも約束の時間よりかなり早めに出ることになる。そして駅への道をのんびりと歩く。

 駅までの、きっちり15分。
 自分の気持ちを落ち着かせるように。
 自分の気持ちをじらすように。
 彼への気持ちが十分に満たされるように。



 「あれ、カヨコ?」

 (?)

 ふいに声をかけられ、我に返る。
 えっ、えっ、えっ。なんで~?

 「あ、俺サ。先週こっちに帰ってきたんだ。
  ――長かったよな、2年間は。」

 とまどうカヨコを気にもせず。
 あのときのように。
 あの2年前のように。
 つい昨日も会ってたみたいに。

 なんで、なんでなの~?
 とつぜんあたしの目の前から姿を消したくせに。
 そんな風に気軽に話しかけないでよ?
 あたしのこの、2年間は何だと思ってんのよ~?

 散らかしたままの部屋を突然のぞかれたみたいで、まるで気持ちの整理がつかない。
 突然の再会に、ただ心臓がどきどきどきどき意味もなく高鳴る。

 あちらで過ごした2年間の出来事、今度帰ってこられた事情とか、熱っぽく話しているみたいなのだけれど、まったく頭の中に入ってこない。ただただ、晴れ晴れしくまるでひとりで演説してるみたいに話している。

 「じゃ。
  実は今日はあまり時間ないんだ。今度また電話するよ。
  詳しい話はそのときにでも。」

 颯爽と歩き去る姿はあのときのまま。少し癖のある足の運び方。一様でないリズム。

 結局。
 カヨコからは何も話すことなく。
 彼は立ち去ってしまっていた。

 ばかねぇ。
 おっちょこちょいなところ、あのときのまま。
 でも。
 あたしは。
 ケータイ変えたし。
 部屋も引っ越したし。

 ――ただ変わらないのは、この駅を使っていることぐらいだけなのに。

 そのさわやかな風はふと、キンモクセイの淡い香りを運んでくる。
 淡い香りはまた、少し遠い日の想いを甘く包みこみ、やさしく心の奥底に押し込んでゆく。



 そだ。
 あいつ、どんな顔して待ってるんだろう。
 いつものあの、すこし不安そうな顔をしてるのだろうか。

 「おまたせ~っ」

 そして、
 あたしを見つけて穏やかに広がるやさしい、はにかんだような笑顔。

スポンサーサイト
【編集】 |  21:59 |  なにか  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。