--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10/10(Tue)

そのすきまにあるなにか・4・ 

 ――じゃあ、また。

 いつもの駅。
 また今日も、ここでカヨコは胸の前で小さく手を振る。
 悲しい顔なんかしない、あたしの、せいいっぱいの笑顔。
 だって明日また会えるだもん、悲しいことなんか、ないよ?

 ほんとはさびしいのに。
 ほんとはもすこし一緒にいたいのに。
 ほんとはもっとあなたのぬくもり感じてたいのに。

 ――駅からの帰りみち。

 こんなにも晴れた秋の空には。
 夜になってからも悲しいほど。
 こんなにも星でかがやいてる。

 家までの帰りみちをゆっくりと歩きながら、一人になったカヨコはなんとなく考えてみる。
 「送っていくよ」なんて絶対言わないんだよなあ、あいつ。なに遠慮してんのよ?
 送ってくれるのだっても、ほんとに大歓迎なんだよ?
 でも「送ってってよ?」なあんて言えないよ?まだ。

 そういえばデートのときだって。

 (うん、カヨコはどこ行きたい?)

 (何か、食べたいものある?)

 もーっ、
 もっと俺についてこい、みたいの、ないのっ?
 もっと近くまで踏み込んでくれてもいいのに。
 そしたらあたしだってもっと甘えられるのに。

 あたしのこと最優先に考えてくれてるみたいだけれど。
 自分からはなにも提案したりとかってないんだよなあ?
 あたしはすぐ、思ったこと口に出してしまうんだけど?
 あいつ、なんだか、
 いつもいつも自分を抑えて抑えて、あたしに合わせてる?

 でもほんとにあいつ、あたしのこと考えてくれてるのかなあ?
 あたしがいつも、好き勝手言うから、仕方なくついてきてる?
 いつだっていろんなこと言うんだから、で、楽しいのかなあ?

 んー。

 あたしはあいつに何を求めているのだろう。
 あたしはあいつに何を期待してるのだろう。
 あたしはあいつに何をあげられるのだろう。

 なんだか考えれば考えるほど、心が苦しくなる。
 何も考えず、ただその時の楽しさの中に漂いながら、そのままの気持ちでずっと過ごしていられたのなら、どんなに楽にいられるだろうか。

 でも。

 漂いつづけるその行く先に、いったい何があるのだろう。
 あいつの深いやさしさにたどり着いたとして、そのやさしさの先に何があるのだろう?

 あまり頭の中だけで深く考えてはいけないのかな?
 とカヨコは思う。
 この想いは意識してそこにあるものではない。心の中からふつふつと自然と湧きあがる、衝動にも似た強い想い。
 ただただ、あいつと楽しくすごしてたい。
 ただただ、いまはあいつと一緒にいたい。

 そんなシンプルな想い。

 それだけでいいのかな?

 ふるふるふる、ふるふるふるふる。
 携帯の点滅。
 あいつからのメイル。
 おもわずすぐ開けてみる。

 ――今日も楽しかった。今夜の「ドジっこマユたん」録っといてくれ。

 ばかだなあ、あいつ。このアイドルヲタ。
 カヨコは、家に着いてすぐ録画予約してる自分が自然に思えている。
 そして、返信。

 ――任務完了。詳細は明日まで待て。カヨコ♡
スポンサーサイト

テーマ : (*´∀`)テヘ - ジャンル : 日記

【編集】 |  22:10 |  なにか  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

相手があれこれ言うタイプの人だと、その人のしたいこと聞いちゃうよねー。でもデート先くらいは自分で決めるかなw

で、カレピに大事にされてることは分かりつつ悩んでしまうカヨコ。乙女心は複雑ナノネ・・・
玉ちゃん | 2006.10.13(金) 22:35 | URL | コメント編集

カヨコとあいつとのリズムゎ~

あつているのか
あつていないのか
あわせているのか
あわせていくのか

びみぃょなとこなのです☆
 
きよ☆ | 2006.10.20(金) 06:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。